木材

ひかり住建の木材は信頼ある木材商社より最良のものを仕入れています。

軽量で湾曲などの変形の少ないKD材を採用。グリーン材や集成材も適材適所に使用しています。

木材

KD材(乾燥材)

軽量化を目的としてアメリカで発達した木材です。日本では、寸法精度を高めるために人工乾燥が発達しました。

グリーン材

丸太から製造されたばかりで多くの水分を含み、まだ乾燥されていない木材です。

エンジニアウッド(集成材)

厚さ25~50mm程度の木材を接着剤で貼り合わせ、一つの部材としたものです。

エンジニアウッド(集成材)

プレカット材とは?

これまで大工さんが手作業で加工していた一定以上の厳選された品質の木材をコンピューター計算によりカットし筋交い、金物を匠の棟梁が責任を持って施工の上、強固な基礎とホールダウンアンカーで一体化させます。ひかり住建のプレカット材は非常に洗練された技術の工場で加工しておりますので、精度はバツグンです。

集成材とは?

集成材は、ひき板または小角材を木目方向に平行にして、厚さ、幅、長さ方向に集成接着したものです。特徴としては、割れや狂いが少なく、品質が安定しています。 また、大きな断面や長尺なもの、湾曲したもの等自由な形状ができ、木材本来の持つ断熱性、遮音性、意匠的温かさがそのまま活かされています。