床構造

ひかり住建は、地震や台風時の横からの外力に強い「剛床工法」を採用。

根太を設けず床下地合板の厚みを厚くして、直接梁材に留め付ける床組みで、根太工法に比べ地震や台風時に発生する水平力に対して強い工法です。

剛床工法

剛床工法とは、根太を設けず床下地合板の厚みを厚くして、直接梁材に留め付ける床組みで、根太工法に比べ地震や台風時に発生する水平力に対して強く、火打ち梁を省く事が出来ます。別名、根太レス工法とも言います。

剛床工法

構造用合板

JASの構造用合板規格に適合する合板です。ラワン材等を張り合わせた単なる合板ベニヤ板とは異なり、JAS規格品によって接着剤の等級や表面の品質などについて細かい規定があります。

鋼製束とは?

溶融亜鉛メッキでサビ、白アリに強く、引張り・圧縮強度とも2t以上あります。

鋼製束とは?