木造軸組工法とツーバイフォー工法の比較

ひかり住建は、創業当時より木造軸組工法を造り続けております。

工法による長所、短所はありますが、在来木造軸組については、他社に負けない自信をもった商品をお届けする事ができます。

木造軸組工法(在来工法) ツーバイフォー工法(枠組壁工法)
日本の伝統工法 北米の伝統工法
プレカットされた柱、梁材を継手、小口を設け、さらに金物で補強し組立てる 規格化されたパネルを金物または釘打ちで組立てるため高度な技術が不要
補強金物にて地震に対応する パネル自体が地震に強い形状(ダイヤフラムパネル)を持つ
基準法による延焼防止措置にて火災に対応する ファイヤーストップ構造にて火災に対応する
敷地形状への対応性が高い 敷地形状への対応は同等
道路条件に左右されない 道路条件への対応性は同等
地域条件(積雪、台風)に合わせ構造計画が容易 構造強度対応は、壁量で調整するためプランに影響がある
間取に合わせて構造が計画できる
斜線制限や高さ制限への対応性が高い
大きな開口部がつくりやすい 開口部の大きさはやや制限される
断熱層がとりやすい。内断熱、外断熱施工が可能 パネルだけで組立てられるため、断熱に対する施工がしやすい
躯体の建て方から屋根工事までの期間が短く、工事途中の降雨による悪影響が少ない 部材が規格化されており工期は短いが、屋根が最後になるため、先に施工された床、壁のパネルが雨にぬれる可能性がある